AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS TE シンターメタ 【上品】 Exclusive に適用 2019-2021 2019-2020 2100円 AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS/R1250GS TE 2019-2020 / R1250GS Exclusive TE 2019-2021 に適用 (シンターメタ) 車&バイク バイクパーツ バイクブレーキパーツ ブレーキパッド 2100円 AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS/R1250GS TE 2019-2020 / R1250GS Exclusive TE 2019-2021 に適用 (シンターメタ) 車&バイク バイクパーツ バイクブレーキパーツ ブレーキパッド 2019-2021,TE,R1250GS/R1250GS,2100円,フロント,2019-2020,AHL,BMW,/hebecladous3790199.html,(シンターメタ),Exclusive,/,ブレーキパッド,giza.ausarmedia.com,に適用,車&バイク , バイクパーツ , バイクブレーキパーツ , ブレーキパッド,TE,R1250GS 2019-2021,TE,R1250GS/R1250GS,2100円,フロント,2019-2020,AHL,BMW,/hebecladous3790199.html,(シンターメタ),Exclusive,/,ブレーキパッド,giza.ausarmedia.com,に適用,車&バイク , バイクパーツ , バイクブレーキパーツ , ブレーキパッド,TE,R1250GS AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS TE シンターメタ 【上品】 Exclusive に適用 2019-2021 2019-2020

AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS TE シンターメタ 上品 Exclusive に適用 2019-2021 売れ筋ランキングも 2019-2020

AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS/R1250GS TE 2019-2020 / R1250GS Exclusive TE 2019-2021 に適用 (シンターメタ)

2100円

AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS/R1250GS TE 2019-2020 / R1250GS Exclusive TE 2019-2021 に適用 (シンターメタ)

商品の説明

サイズ:1セットamp;シンターメタル

製品仕様:

サイズ:73.03 x 54.39 x 8.3mm
パッケージに含まれる: 1セットxブレーキパッド
対応車種:
BMW
S 1000 R 2018-2020
S 1000 RR/ RR Sport/RR M Sport 2018 2019 2020 2021
S 1000 XR 2020 2021
R 1250 GS 2019 2020
R 1250 GS TE 2019 2020
R 1250 GS Exclusive TE 2019 2020 2021
R 1250 GS Rallye 2019 2020 2021
R 1250 GS Rallye TE 20192020
R 1250 RT 2019 2020 2021
R 1250 RT SE 2019 2020 2021
R 1250 RT LE 2019 2020 2021

特徴:
1.素材:シンターメタ
2.耐久性:長時間の作業のための異なる環境条件で優れる耐久性。
3.安定した性能:優れた摩擦プロセスは広範囲の温度で安定した性能を保証できる。
4.快適性:高度な素材で、騒音や振動を減らし、簡単で快適に停止できます。
5.ブレーキパッドは、使えば使うほど摩耗するもので、定期的なチェックや交換の必要がある消耗品です。ライニング材の残量が1mmになった時点で新しいパッドと交換して下さい。
6.注意:ご購入の際は、適合車種、年式を必ずご確認ください。
商品についての詳細仕様書・説明書は付属しておりません。取り付けに不安のある方は、専門の業者様にお任せください。
7.新品ですが、製造過程、輸送時、保管時等に付くと思われる小傷等のある場合があります。
8.もしお客様は何かご質問と問題がございましたら、どうぞご気軽に弊社にご連絡くださいますようにお願い申し上げます。私たちは必ずご希望なサービスをお提供すると保証致します

AHL フロント ブレーキパッド BMW R1250GS/R1250GS TE 2019-2020 / R1250GS Exclusive TE 2019-2021 に適用 (シンターメタ)

南極大陸
エディターズチョイス
Saranskのトップのこと
ジョン・アダムスとトーマス・ジェファーソンの驚異的な落ち込み